トップページ > 押上ファースト歯科のこだわり > なっとく 滅菌消毒

あんぜん 最新設備

歯科用CT

より安全に正確に治療を行うための手段のひとつとして歯科用CTを導入しております。今までの通常のレントゲン写真では、二次元写真のため、あごの状態は診断できますが、それだけでは奥行き(三次元的要素)は分かりませんでした。歯科用CTレントゲンでは、三次元的にあごの状態を把握することが可能です。

三次元的に歯や骨、顎の形態を把握することで、従来では診ることが困難であったものが判断できるようになるため、より確実性の高い診断ができるようになります。

低侵襲超音波メス

歯科治療において、抜歯や骨切りなどといった外科的処置は、 多くの場合、腫れや痛みを伴うケースも少なくありません。 低侵襲性の超音波メスを用いることで 極力、患者さまの負担を軽減することができます。

低侵襲性の超音波メスでは、硬組織のみ作用し、軟組織を損傷させにくい安全な装置です。 硬組織の治療においては、切削量を少量にとどめ、侵襲を抑えます。 特に骨火傷の危険性を低減させ、 出血による術部視野の妨げを防止します。 その結果、火傷や熱傷の危険性を少なくし、 組織学的に良好な術後経過をもたらすことが可能です。

最新レーザー機器

レーザー

Nd:YAGレーザー、Er:YAGレーザー、CO2レーザーなどといった最新の各種レーザー機器を揃えております。

治療する範囲において、奥まで届く組織透過型レーザーと、表面にのみ作用する組織表面吸収型レーザーを使い分けることで、 歯周病治療、根管治療、知覚過敏の緩和、歯質の強化、口内炎の疼痛緩和などさまざまな治療に対応することが可能です。

ホワイトニングレーザー

レーザー

ホワイトニングとは、本来の歯の色を漂白効果のある薬剤を使って白くする方法です。
歯の表面に付着する汚れを落とすだけでなく、歯そのものを白くすることが可能です。
クリニックで行うオフィスホワイトニングと、ご自宅で行うホームホワイトニングがあります。

オフィスホワイトニングにおいては、「ビヨンドPOLUS」を用いてホワイトニングを行います。
ビヨンドPOLUSは、歯を傷める原因となる紫外線を完全にカットし、
ライトの発熱を抑えるため、従来のホワイトニングと比較し、
ホワイトニング効果が高いうえに安全性も高い、患者さまに優しいホワイトニングといえます。

口腔外バキューム

レーザー

歯を切削する時には、高速で回転する器具を使用します。
そのため、削った歯や金属の詰め物の粉塵、唾液、血液などがどうしても飛び散ってしまいます。
それを素早くお口の中で吸い込むのが、口腔内バキュームといいます。
しかし口腔内バキュームでは、飛び散る粉塵を口の中だけですべて吸い込むことはできません。
また治療中に飛散するウイルスも共に飛び散ってしまうため、院内感染を引き起こす原因ともなります。

 

口腔外バキュームでは、お口の外で粉塵やウィルスを吸い取るのが目的です。
口腔内バキュームだけでは、粉塵吸収率は30-40%の吸収率だったのに対し、
両者を用いることで80-90%も粉塵を吸収することができます。

 

クリニック内を清潔に保たれていることは、安心して治療をうける上でとても重要な事だと考えています。

東京都墨田区業平3-17-9 マルホンビル4F、東京スカイツリーそば(地下鉄半蔵門線・浅草線・京成線)押上駅より徒歩1分、平日20時まで・土日祝日診療の押上ファースト歯科へのお問い合せは03-5819-4825まで

クイックアクセス

平日・土曜日
  • 10:00~14:00
  • 15:00~19:00
日祝日
  • 休診日

保険各種取扱・完全予約制

03-5819-4825

墨田区業平3-17-9 マルホンビル4階